公務員の副業

PA人材名鑑

内閣官房 辻恭介さん:知が交わる社会にむけた行政の課題

パブリックなマインドを持ったうえで、異なるセクターをつなぎコラボレーションを生み出す機能を果たすパブリックアフェアーズ人材が増えるためには、官と民の間の人材の流動が不可欠。その流れを潜在的にサポートする働き方改革や公務員の兼業を担当する、内閣官房 辻恭介さんにお話をうかがいました。
タイトルとURLをコピーしました