publicaffairsjp

PA事例

「選挙」をパブリックアフェアーズの観点から総括する – 「目の付け所」と「やるべきこと」 – 前編

パブリックアフェアーズの実務家は「総選挙」をどのように考えればよいのでしょうか。本記事では、2021年10月に行われた「第49回衆議院議員総選挙」を題材にパブリックアフェアーズの観点から「目の付け所」と「やるべきこと」について解説いたします。
PA事例

「選挙」をパブリックアフェアーズの観点から総括する – 「目の付け所」と「やるべきこと」 – 後編

【後編】2021年10月に行われた「第49回衆議院議員総選挙」を題材にパブリックアフェアーズの観点から「目の付け所」と「やるべきこと」について解説いたします。
PAイベント

パブリックに関わるキャリアを考える 第6回【イベントレポート】– 外資系企業におけるパブリックアフェアーズのキャリアとは –

「パブリックに関わるキャリアを考える 第6回」にゲストとしてお迎えしたのは、 Google 日本法人で政府渉外・公共政策のマネージャーを担当されている安永修章さまです。外資系企業の第一線で政府渉外担当としてご活躍されている安永さまに、キャリアの形成に対するお考えや、パブリックアフェアーズのお仕事への適性についてお話いただきました。
PAイベント

パブリックに関わるキャリアを考える 第4回【イベントレポート】– 事業会社におけるパブリックアフェアーズの魅力とやりがい –

マカイラ株式会社の主催イベント「パブリックに関わるキャリアを考える 第4回」を開催。今回ゲストとしてお迎えしたのは、株式会社メルカリ政策企画ディレクター(現在、執行役員VP of Public Policy)の吉川徳明さん、株式会社アンドパッドの上級執行役員法務部長兼アライアンス推進部長の岡本杏莉さんです。
PAイベント

パブリックに関わるキャリアを考える 第5回【イベントレポート】- 15年の国家公務員生活を捨てて、なぜスタートアップに転職したのか –

7月30日に「パブリックに関わるキャリアを考える 第5回 - 15年の国家公務員生活を捨てて、なぜスタートアップに転職したのか -」(主催マカイラ株式会社)を開催しました。今回ゲストとしてお迎えしたのは、株式会社TRUSTDOCKでパブリックアフェアーズ(Public Affairs, PA)を担当されている神谷英亮さまです。
PA人材名鑑

国家公務員からパブリックアフェアーズ人材へ 転職経験者インタビュー

企業において公共分野との対話や交渉を担当する「パブリックアフェアーズ人材」の需要も高まっています。今回、国家公務員からスマートモビリティサービス事業を手がけるベンチャー企業、BOLDLYのパブリックアフェアーズ担当へ転職した中島さんにお話をお伺いしました。
PAイベント

パブリックに関わるキャリアを考える 第3回【イベントレポート】- 官庁経験は事業企画にどう生きているのか? –

2021年4月16日(金)に、マカイラ株式会社の主催イベント「パブリックに関わるキャリアを考える 第3回」を開催しました。今回ゲストとしてお迎えしたのは、freee株式会社の金融事業本部金融渉外部長の小泉美果さんです。
PAイベント

公共戦略のWhy・What・How 企業が市民セクターに期待すること【講演レポート 後編】

「公共戦略のWhy・What・How 企業が市民セクターに期待すること」講演レポートの後編では、草の根のアドボカシー活動を行っている方やNPO、スタートアップ企業などが、大企業とどのように連携していくといいか、2つの時代背景からお話いたしました。
PAイベント

公共戦略のWhy・What・How 企業が市民セクターに期待すること【講演レポート 前編】

市民アドボカシー連盟が主催する『草の根ロビイング勉強会』にて、「公共戦略のWhy・What・Howと、企業が市民セクターに期待すること」をテーマにマカイラ株式会社の高橋朗がパブリックアフェアーズについてお話しました。当日の講演内容の一部をご紹介いたします。
PA事例

メルカリに学ぶ、パブリックアフェアーズ・政策企画チームの作り方

事業会社において、パブリックアフェアーズ・政策企画チームを作るにはどうすればいいのか——今回は株式会社メルカリの政策企画チームの事例を元に、理想的なチーム作りについて議論しました。
タイトルとURLをコピーしました